私が初めて消費者金融からお金を借りたのは、社会人としての生活を初めて間もなくの時でした。

それまでの私は、特に倹約家という事では無かったのですが余分な出費は極力しないような生活をしていました。

当時の給料も新卒としては比較的高い金額を貰っていたこともあり、随分と生活には余裕がありました。そこで気が緩んできたのか、友人たちの誘いでギャンブルをしだすようになってしまいました。


当初は使う金額も少なかったのですが、負けが多くなってくると「取り戻そう」と言う感覚が強くなってしまい結果的に大きく負けてしまうと言うことが多くなりました。

そんな時、思わず給料日から数日後にほぼすべてのお金を使ってしまい、その月の生活費が足りなくなったことをきっかけにアイフルでお金を借りることにしました。

家族や友人から借りた方が良いのは分かっていたのですが、ギャンブルでお金が無くなったと言う事実が災いし、どうしても自己責任の中で解決しなくてはと思いカードローンを利用する事にしました。

結果的にはその時の借金と長期的に付き合う事になってしまったのですが、その理由は仕組みや返済のコツなどを知らなかったことが大きな原因でした。

もし、これからカードローンやキャッシングの利用を検討している方が居るのであれば、例えば「金利」という単語限定でも良いので、ある程度詳しい仕組みを理解してからの方が良いと思います。

借金を返済する負担を少しでも軽くするためには「知識」が非常に大切だと私は思っています。