もう数年前のことになります。私はとあるカードローン会社のカードを持っていました。

そこでキャッシング枠が50万円ついていたんですが、弟が生活費と借金で日々の生活に困ってしまい、私を頼ってきました。

頼られてもどうしようもないよと言ったんですが、そこは兄弟のよしみですし、弟もそれほどダメ人間ではないので、今回だけだよと言い、枠を使って10万円借り入れて貸してあげました。


その借金は一度だけで終わったんですが、10万円を返してもらうまでのリボ払いの怖さに驚きました。

10万円を借り入れしたら月々支払う返済金は1万円で、利息が2,000円もついていたんです。つまり、実際には8,000円しか返せていないということです。これがリボ払いの怖いところだなと、あのとき痛感しました。

リボ払いは確かに月々の返済額を減らすための便利なものです。しかし長々とリボ払いを続けていると、いつまで経っても返済できず、下手をすると数年がかりでの返済になってしまうことすらあるのです。

ですから、リボ払いにして返済をしている人は、お金に余裕があるときに多目のお金を返済に充ててください。

リボでいつまでも返済し続けるより、どんどん返していったほうがマシです。