私の親は昔からギャンブルが好きです。私が子供の時はよくギャンブルでお金をなくしていました。

時々儲けた時に食べられるお寿司は楽しみでしたが。そんな私の親ですが、成人してからも連絡が入っていました。それが、お金を貸してとの内容。

ギャンブルに使われるのは......と思い断っていたのですが、しばらく親から連絡が来ていなかったある日のこと、親から久々にメールが。その内容は事故で入院していた。貯金がなくなってしまったので20万円貸してもらえないかとのことでした。

その時は私も出費が多い時期で、20万円なんてとても貸せません。でも子供として、親を助けないとと思い、その時手軽に申し込みできそうだった、じぶん銀行カードローンに申し込み、お金を借りることにしました。


無事に借りることができ、すぐに親へと振込み、親も喜んでいたのですが......この話には続きがあります。

それから数週間して、親からまた連絡が。借りていて悪いが、またお金を貸してくれとの内容。理由を聞くと、元々会社の同僚からお金を借りていたが、その同僚とケンカしていますぐ10万返せと言われたとのこと。

会社内でのことなのでどうにか助けてくれと言われました。私は内心もやもやしつつも、じぶん銀行カードローンの枠に余裕があったので貸しました。それから数日後、また親から連絡が。今度は生活費がたりないとのこと。ここに来て私は思いました。

ああ、私は親にATMとしか思われていない。今までのことは嘘で、きっとギャンブルに使っているんだなと。私は拒否をしてもう貸さないことに決めました。親は今でも誰かからお金を借り続ける日々のようです。

ギャンブルも借金もなかなか抜け出すのは大変みたいです。私もこの出来事で借金をしてしまいました。

手軽に引き出して親に貸した私は親のようにずっと借金をしたまま生きていくのか、それとも抜け出すのか......などと時々考えてしまいます。